日本画家 松浦翼のブログ 『日本画つー』

blog

ブログ

絵を飾りたい、でも壁に大きな穴をあけたくない。そんなときの『ハイパーフックかけまくり』試してみました
絵を飾りたい、でも壁に大きな穴をあけたくない。そんなときの『ハイパーフックかけまくり』試してみました

絵画のような少し重量のあるものだと、画鋲や小さいピンでは掛けられないことがしばしば。 だからと言って壁にくぎを打ってしまうのは抵抗があるもの。 ある日テレビで壁穴の目立たないフックがあるというのを見て、興味があったのでホームセンターで探して買ってきました。 掛けるものの重量に応じていくつかのサイズがありましたが、ひとま…

more
日曜の朝からそんな面白い話しないでください!『ボクらの時代』女流作家の話が面白い!
日曜の朝からそんな面白い話しないでください!『ボクらの時代』女流作家の話が面白い!

日曜の朝7時から、様々なジャンルで活躍する3名によるトーク番組『ボクらの時代』。 6月2日に放送した『ボクらの時代』に女流作家の川上三映子、山内マリコと本をこよなく愛する芸人として又吉直樹が出演していた回。 日曜の朝だというのに、いろいろと共感するところもあり、かなり真剣に見入ってしまいました。 何がそれ程面白かったか…

more
咲いた!水栽培をスケッチしています

水栽培で育てていた球根たちが花を咲かせました。部屋の中にいい香りが漂っています。 現在進行形で成長過程をスケッチとして残しています。 水栽培のいいところは土の中に埋まっているものとは違って、根も含めて成長過程を観察できるところです。 重さで傾くほど満開。 去年もスケッチしていましたが、作品として本画にするには観察不足で…

more
今年も水栽培始めてます
今年も水栽培始めてます

去年に引き続き、今年も水栽培をしています。身近に植物が育っていく過程を見ているのはおもしろいですよ。ヒヤシンスと水仙。 こちらはクロッカス。ペットボトルの飲み口部分を切り抜いて、裏返して設置しただけの簡易の水栽培容器です。クロッカスは小さいのでペットボトルの飲み口のサイズにぴったり合います。 花を咲かすのは来年の2月3…

more
球根の水栽培を始める。
球根の水栽培を始める。

球根の水栽培を始めました。 小学生のころ、誰もが、あの水色や緑色の透明なプラスチック容器でヒヤシンスの観察で行なったあの水栽培です。 もともと、根の絵を描いてみたいと思っていました。 土から下の人の目が触れることのない、暗闇の世界がどのようになっているのか、普段見ることのできない部分を描くのは、面白いのではないのか、綺…

more
美大生が就職活動で考えておくべきこと
美大生の就職活動

交差点で信号待ちをしていると、斜め前のリクルートスーツを着た女性に目が止まる。 面接や、説明会をはしごしているのだろうか、信号を待ちながら、履歴書に写真を貼っている。 時間を惜しんで、履歴書を作る彼女の後ろ姿にここ数年の就職活動の厳しさを感じる。残暑が過ぎ、過ごしやすくなってきたが就職活動をする学生たちには、まだまだ厳…

more
0円でめぐる駅中アート
0円でめぐる駅中アート

わざわざお金を払って美術館に行かなくても、実は我々が普段から利用している駅の中にはたくさんのアート作品が点在しております。 それらの作品は有名な作家やデザイナーの方が手がけたものであり、かなり見応えのあるものなのです。 しかし、作品が飾られていることは、知られているようで、「えっ、あったんだ。」というようにあまり認知さ…

more

about me

about me

中の人:松浦翼

山形にある美大、東北芸術工科大学を修了後、関東・東北地方を中心に活動する日本画家。

詳しいプロフィールはこちら…プロフィール

日本画作品はこちら…日本画作品

作品販売はこちら…ショップページ

recent post

popular post

category